XM口座開設の教科書@すぐに終わります。すぐに取引できます

FRBより先にデジタル通貨を発行しそうな中国人民銀行

 

中国人民銀行の高官がデジタル通貨発行の準備が既に整ったことを明らかにしており、FRBよりも早くデジタル通貨発行の可能性がでてきました。

 

これにより中国人民銀行はは現金の代替と同時に、デジタル通貨の発行が人民元の流通や国際化を助けることを目指すとしています。

 

ただ中国製デジタル通貨はブロックチェーンによる分散型の統治ではなく完全に中銀が統括するものとなるためバックエンドの仕組はビットコインなどとはかなり違うものになる可能性がありそうです。

 

ただ、元安が進むいまビットコインに資金を流入している中国の富裕層がこうしたデジタル通貨を喜んで使うようになるのかどうかは別問題で、逆に資金の保有を当局に完全に掌握されてしまうだけに逆に積極的な利用を控えるのではないかという見方も広がってきています。

 

仮想通貨に対して市場が何を求めるかによってもその普及はかなり異なるものになるのでしょうが、国が発行した仮想通貨の場合単にデジタル化しただけで国を超えて送金や決済にどこまで自在性をもって利用できるのかということが非常に大きな問題になりそうです。

 

とくに中国政府が発行するデジタル通貨がどのように運用されるのかは非常に関心の高いところで、ややもすれば完全な預金封鎖や没収なども実に簡単にできることになるわけですから富裕層や中流以上で資金を潤沢にもつ層がどこまで利用していくことになるのかは相当大きな問題になりそうです。

 

これはFRBがデジタル通貨を発行しても日銀がデジタル通貨を発行する様になっても同様の裏目的の問題が顕在化することは間違いありませんが、なかでも統制が非常に進んでいる中国の場合にどのような運用が実施されるかは大きな注目点といえそうです。

 

このようにステーブルコインと呼ばれる一定の法定通貨との交換比率を守っていくような通貨の場合には民間ではなく国が完全に管理していく動きが標準化していくことが容易に想定される状況で、結果的にフェイスブックのような企業が参入するのは各国で阻止される可能性がかなり高まりそうです。

 

足元ではビットコインの価格上昇の陰であまり目立たなかった各国のデジタル通貨への取り組みですが、ここへきて一斉に花開きそうな状況で、想像以上に大きな変化が市場にもたらされることが予想されます。

 

それとともに既存の仮想通貨の位置づけにも変化が現れそうで、十分にその動向を注視していきたいところです。