NDD方式とDD方式はどっちがトレーダーにとってよいのか?

実はスプレッドよりも重要な、FXの取引方式

 

 

FXの取引方式にはDD方式とNDD方式の2つがあり、FX業者を選ぶ際の重要な見極めポイントになります。

 

FX未経験者の方は「そんなことよりも、スプレッドの広さや証拠金維持率が重要でしょう」と思われるかもしれませんが、自分の大切な資金を使って取引する業者を選ぶ上で、この取引方式を気にせずに選ぶと負け続ける恐れもあるのです。

 

少しややこしいDD方式とNDD方式ですが、本記事では2つの特徴を分かりやすくご紹介します。

 

 

DD方式とは?

 

 

現在日本国内にあるFX業者の過半数は、この「DD方式」を採用しています。DDはディーリング・ディスクの略で、OTC(オーバー・ザ・カウンター)方式と呼ばれる場合もありますが、内容は同じと考えて大丈夫です。

 

FXはインターバンクと呼ばれる見えない空間で、売りたい人と買いたい人の希望するレートとタイミングがマッチグした時に売買が成立します。瞬間的に大幅な値動きがあった場合は、このマッチングが成立しないので、約定拒否、つまりエントリーボタンを押しても不成立になってしまうのです。

 

通常はインターバングにトレーダーの意志が直接入り込み取引を行うものなのですが、国内FX業者の多くが採用している、DD方式は文字通り、取引空間とレーダーの間に机、つまりデスクが存在している形になります。

 

これはどういう事かを、極めてシンプルに説明すると「呑み行為」です。

 

公平性がないDD方式

 

宝くじで例えるならば、誰かにあたりが出ると2倍になる宝くじ3000円分を購入して貰うようにお願いします。大人なので、無償では買ってきてもらう訳にも行かず心ばかりの謝礼を渡すでしょう。ここで謝礼は100円とします。

 

3000円と100円を渡して、当たると3000円の2倍の6000円が貰えるのですが、「呑み行為」とは、実際は宝くじは勝っておらず、自分の手元で3000円を呑みこんでいるのです。(つまり実際は購入していない。)

 

購入を頼まれた人物は、宝くじを買った事にして、依頼者に番号を伝えます。しかし、実際は買っていないので、3000円を受け取っている側は当選せずに外れる事を祈っており、無事に外れると3000円と謝礼の100円で3100円を手に入れる事になるのです。

 

この時、もし実際に宝くじが当選すると依頼者には6000円から謝礼の100円を引いた5900円を渡す必要があるので、2900円の損をします。つまり、この時点でトレーダーとDD方式のFX業者は、敵対関係にあるのです。

 

敵対関係にあるので、トレーダーとインターバングの中間にあるディーリング・ディスクで、ハイレベルなディラーが目を光らせ、トレーダーを負けさせるために、あの手この手を駆使します。

 

「呑み行為」をやられると、顧客であるトレーダーの利益に対する公平性はないに等しいのです。

 

このような説は、100%真実かどうかは分からないのですが、日本のほとんどのFX業者が取り入れているDD方式は、顧客と業者が相反する存在であり、顧客の負けが業者の利益になっている仕組みがゆえに、あらゆる疑惑が持たれても不思議ではないことだけは事実となっており、多くのトレーダーからはDD方式の業者は敬遠されています。

 

ストップ狩り、リクォート、滑りなどのトレーダーに不利な不可解現象もDD方式採用のF業者によって引き起こされているのです。

 

 

透明性が高いのがNDD方式

 

NDDとはノー・ディーリング・ディスクと言い、トレーダーとインターバンクの間にFX業者側の人間などを仲介者を介さない取引方式です。

 

トレーダ―の希望する注文はダイレクトにインターバンクに入るので、仲介者がおらず、透明性の高い取引と言えます。

 

FX業者は、トレーダーである顧客の損失が利益でなく、単純に購入する手数料のみが利益なので、沢山取引を行って欲しいのです。

 

沢山取引を行うイコール勝つ事なので、顧客の勝つ確率を上げるために、優秀なインジケーターやEAなども無料で提供しています。

 

また手数料はスプレッドと名前を変えているのですが、日本のFX業者がスプレッドの狭さをアピールしていても、DD方式の危険性を理解しているトレーダーにとっては全く魅力に感じないのです。

 

海外の投資家がFX業者を選ぶ時は、まずNDD方式かDD方式を見るので、海外FX業者のほとんどがNDD方式を採用しています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。国内業者を使用している方は、スプレッドの狭さを気にしている方が多いですが、
「何故国内業者が「狭いスプレッドを提供できるのか?」を考えると、業者の選択が変わってくるのではないかと思います。

 

国内のFX業者は海外FX業者が取り入れている「ゼロカットシステム」を採用しておりませんし、本当に顧客を資金を守る気があるのか・・。私は疑問を感じています。その結果、国内業者を使うことは辞めて海外FX業者であるXMをメインで使用するようになりました。