FX投資をするならばこれからは海外FX

魅力的な「レバレッジ」

 

「海外FX」という言葉は、投資に興味がある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

日本国内において、FX(外国為替取引)を行う際は、日本のFX会社に口座を持ち、取引をするのが一般的です。しかし、日本国内に居ながら、海外のFX会社に口座を持ち、その口座だけで運用することも出来るのです。

 

なぜそんな事をするのかというと、海外FXには国内のFX会社にはない「取引上のメリット」があるのです。

 

まず国内FXとの代表的な違いとして「レバレッジ倍率の差」が挙げられます。日本国内においては、個人でFX口座を持つ際は「レバレッジ=25倍まで(法人口座は50倍程度)」と法律で定められています。

 

言い換えれば「ある程度の元手」がないと大きな金額を稼ぐことは出来ない、とも取れます。近年ではさらに規制を強化し、「レバレッジ=10倍程度まで」となるという話も出てきています。

 

海外FX会社は、そもそも海外の業者ですので「外為法」の規制を受けません。そのため、会社によって様々なレバレッジが存在し、個人口座においては「最大1000倍のレバレッジ」をかけられる業者も存在します。(XMのレバレッジは888倍)

 

これは元手が少なくても、大きな金額の取引をする事が出来ることを表しています。もちろん、リターンが大きくなる分、リスクも大きくなりますので、国内業者に比べて「ハイリスク・ハイリターン」であることは否めませんが、海外業者の最大の魅力でもあります。

 

 

「ゼロカット」とは?もしも際に安心なシステム

 

海外FXにおいては「ゼロカット」と呼ばれるシステムがあります。これは「相場の急な変動」により大きな損害を被った際に、万が一口座の金額以上に損失が出ても、マイナス分は請求せず、口座残高をゼロに戻します、といったシステムです。

 

投機的に「持てるだけのポジションを持ち、大もうけを狙う」といったスタンスの投資スタイルの場合、国内FXにおいて急な変動で損失が出た際、口座残高を上回る損失が発生した際は「追証」という負債が発生します。

 

海外FXでは「ゼロカット」によって「追証」のリスクがないため、レバレッジを大きくかけ、大きく稼ぐ、といった考え方も出来ます。

 

また、海外FXにおいては「ロスカットライン」が深めに設定されている場合も多々あります。(証拠金維持率が20%程度まで執行されないようです)そもそも証拠金を気にする事態になるのは避けたいところですが、ゼロカットがあり、ロスカットが深めになっていることで助かるポジションも出てくるのです。